コース案内

  • 播磨コース
  • 美作コース
  • 因幡コース

播磨コース [トータル B.T 3359 / R.T 3194 / F.T 3059 / L.T 2824]

No.1
No.1   [ 487y / PAR5 ]
B.T 505 / R.T 487 / F.T 477 / L.T 465
スタートは楽なロング・ホール、グリーン55ヤード右手前のバンカー注意。グリーンオーバーは禁物。
No.1
No.2
No.2   [ 372y / PAR4 ]
B.T 394 / R.T 372 / F.T 360 / L.T 306
右クロスバンカーまで185ヤード、スライスはグリーン奥までの谷に落ちOB。グリーン狙いは左目から。
No.2
No.3
No.3   [ 159y / PAR3 ]
B.T 175 / R.T 159 / F.T 142 / L.T 131
グリーンは5つのバンカーでガードされています。グリーン左、奥は禁物。
No.3
No.4
No.4   [ 388y / PAR4 ]
B.T 399 / R.T 388 / F.T 372 / L.T 314
第一打は打ちおろしで落下点が狭い。第2打はダウンヒルライになり、一番手大きなクラブを選ぶことです。
No.4
No.5
No.5   [ 399y / PAR4 ]
B.T 443 / R.T 399 / F.T 377 / L.T 350
クロスバンカーの左が狙い目、スライスするとOB。左手山裾が安全コース。第2打はグリーンがあがっているので、一番手大き目がよい。
No.5
No.6
No.6   [ 339y / PAR4 ]
B.T 350 / R.T 339 / F.T 330 / L.T 319
ドライバーのルートとポジションが肝心。右手クロスバンカーまで185ヤード。第2打は、グリーンオーバーは禁物。
No.6
No.7
No.7   [ 498y / PAR5 ]
B.T 514 / R.T 498 / F.T 487 / L.T 476
第1打右の桧林は通称キンコンカン林。スライスは絶対に禁物。1本の木を狙い、第2打も左から。第3打は左に外すと難しい。
No.7
No.8
No.8   [ 175y / PAR3 ]
B.T 191 / R.T 175 / F.T 153 / L.T 128
グリーン左手前の池注意。大き目のクラブを選ぶ。
No.8
No.9
No.9   [ 377y / PAR4 ]
B.T 388 / R.T 377 / F.T 361 / L.T 335
ハウスの煙突が狙い目。グリーンまでなだらかなくだりのホール。スライスはOBの危険あり。第2打もくだりですので、短目のクラブで。
No.9
 

美作コース [トータル B.T 3471 / R.T 3307 / F.T 3116 / L.T 2673]

No.1
No.1   [ 399y / PAR4 ]
B.T 410 / R.T 399 / F.T 382 / L.T 361
右ドックレッグの打ち上げ。距離もあるので、第2打を山裾に寄せ、ワン狙い。第2打をひっかけて左に落とすと厄介。右から攻める。
No.1
No.2
No.2   [ 383y / PAR4 ]
B.T 394 / R.T 383 / F.T 361 / L.T 334
第1打は山裾へ、第2打は花道になります。控え目に攻めれば比較的パーのとりやすいホールです。
No.2
No.3
No.3   [ 366y / PAR4 ]
B.T 388 / R.T 366 / F.T 354 / L.T 306
前のクロスバンカーまで150ヤード。やや右目が安全ルート。第2打はグリーン手前バンカーに入れると難しい。
No.3
No.4
No.4  [ 170y / PAR3 ]
B.T 186 / R.T 170 / F.T 137 / L.T 126
谷越えのショートホール、一番小さい目のクラブで攻めるのが安全です。
No.4
No.5
No.5   [ 503y / PAR5 ]
B.T 514 / R.T 503 / F.T 487 / L.T 416
第1打ロングヒッターは左の山裾を狙う。安全には正面のバンカーとバンカーの間へ。第2打はスライスしない様に。第3打は稍大き目に3オンを果すこと。
No.5
No.6
No.6   [ 425y / PAR4 ]
B.T 437 / R.T 425 / F.T 394 / L.T 314
第1打は150Yのヤード表示の右が目標。第2打は打ち上げでグリーン面が見えないので少し大きめのクラブで右目狙い。グリーン左手前に2つのバンカーあり。
No.6
No.7
No.7   [ 405y / PAR4 ]
B.T 448 / R.T 405 / F.T 383 / L.T 312
切り通しの打ちおろしになり、正面の山のガイドポールを狙えばボールは、真中に落ちてきます。第2打はダウンヒルライで難しい。左側の花道を狙えば2オンしやすい。
No.7
No.8
No.8  [ 164y / PAR3 ]
B.T 180 / R.T 164 / F.T 148 / L.T 102
グリーンが池に取り囲まれ4つのバンカーにガードされた美しい名物ホール。ワンオンすると噴水が上がります。
No.8
No.9
No.9   [ 492y / PAR5 ]
B.T 514 / R.T 492 / F.T 470 / L.T 402
クラブハウスの右手が狙い目、フックボールは禁物。第1打、第2打と右から攻めると楽にパーはとれる。
No.9
 

因幡コース [トータル B.T 3445 / R.T 3282 / F.T 3140 / L.T 2851]

No.1
No.1   [ 519y / PAR5 ]
B.T 552 / R.T 519 / F.T 487 / L.T 442
ティーからグリーンが見通せる広々とした美しいロングホールです。第1打、第2打、第3打ともに右からの攻めがベストルート。第3打は大き目のクラブで。
No.1
No.2
No.2   [ 339y / PAR4 ]
B.T 355 / R.T 339 / F.T 335 / L.T 330
打ち上げのミドルホール。左クロスバンカーを避け、右目へ第1打を。第2打は砲台グリーンです。グリーン奥のバンカーに入れると難しい。手前から攻めること。
No.2
No.3
No.3   [ 410y / PAR3 ]
B.T 416 / R.T 410 / F.T 388 / L.T 372
打ち下しの右ドッグレッグホール。第1打は右のクロスバンカーを避け、左目に。第2打は小さ目のクラブで果敢に。
No.3
No.4
No.4   [ 153y / PAR3 ]
B.T 170 / R.T 153 / F.T 140 / L.T 120
距離的に手頃なショートホール。右は中の島になった大きなバンカーでガードされているので、狙い目は花道やや左。
No.4
No.5
No.5  [ 383y / PAR4 ]
B.T 405 / R.T 383 / F.T 370 / L.T 340
第1打の飛距離が出なければ、フェアウェイの下段にとまり、第2打でグリーンが見えず、距離もあって難しい。第1打をやや右目へ豪快に。
No.5
No.6
No.6   [ 510y / PAR5 ]
B.T 519 / R.T 510 / F.T 503 / L.T 449
打ちおろしのロングホール。第1打は距離を欲ばらず、正確にフェアウェイキープ。ロングヒッターは2オン可能。
No.6
No.7
No.7  [ 186y / PAR3 ]
B.T 213 / R.T 186 / F.T 170 / L.T 117
紺碧の深い池を痛快に越える1打。クラブの選択がむずかしいショートホール。グリーンは受けているので大き目に。
No.7
No.8
No.8   [ 388y / PAR4 ]
B.T 399 / R.T 388 / F.T 372 / L.T 350
雄大な那岐山を見晴らす絶景の打ちおろしミドルホール。ロングヒッターは左クロスバンカー越しに。
No.8
No.9
No.9  [ 394y / PAR4 ]
B.T 416 / R.T 394 / F.T 375 / L.T 331
第1打の落下地点が左傾斜しているので右目狙い。グリーン右手前の池(OB)とバンカーを避けて2オンを狙うスリル満点のホール。左目から攻めるのがベター。
No.9